中村静香 今年の“推しタレ”写真集は絶版のお宝 (1/2ページ)

2015.01.08


「入荷すると即売れ状態になるタレントのひとり」9800円、神田神保町・荒魂書店(電)03・3291・8831【拡大】

 毎年年頭には“今年はどの女性タレントを推していくか”を宣言しております。

 昨今の芸能界はアイドルグループ全盛ですが、軍団に対して一騎当千の戦いができる女性タレントも多いように思います。

 まず昨年、取材した女性タレントを振り返ると、抜群のナイスオーラを感じたのが西内まりや様。バドミントンで五輪代表を狙っていたほどの超体育会系環境で中学2年まで過ごした彼女。

 ルックス、歌唱力、タレント性だけでなく、根性もあり、礼儀正しいお嬢様でした。

 歌手としては昨年のレコード大賞最優秀新人賞を受賞。女優としての唯一のネックは背の高さでしょうか。イイ脚本、イイ相手役(背の高い)に恵まれれば女優としてもブレークの予感です。

 もうひとり、はつらつとして輝いているなぁ、と感じたのが吉本実憂様。

 昨年は映画初主演、さらに初大河ドラマ出演。今年3月には、高校を卒業し仕事1本状態に。

 業界裏情報的には、以前は剛力彩芽様を担当していたマネジャー氏が現在、実憂様の現場を担当。駆け上がっていくタレントを経験している裏方は強い味方です。

 そして、もうひとり。

 実際に取材したことはないのですが、最近、気になってしようがないのが中村静香様です。

 最初に「うわぁ、イイコだなぁ〜」と感じたのが「ゴッドタン」(テレビ東京)の「アイドル飲み姿カワイイGP!」という企画。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。