汗で衣装が… 明日花キララ、ハードアクションに挑戦「アイアンガール ULTIMATE WEAPON」

2015.01.13


このスレンダーボディーで激しいアクションに挑戦している【拡大】

 17日公開の「アイアンガール ULTIMATE WEAPON」(藤原健一監督)に主演するセクシー女優、明日花キララ(26)。いつものエッチな演技とは違うハードアクションに挑戦した彼女を直撃した。

 無法地帯と化した近未来を描いた本作。2012年に公開された「アイアンガール」に引き続き、アーマードスーツを装着した“戦うマシン”クリス役で、激しいアクションに挑んでいる。

 「前作は無言が多くて、感情を出さない役だったけど、今回はせりふがたくさん。クリスもかなり人間味が出てきたかな」と振り返る。「アクションもよりリアルになっているので楽しんでほしいです」

 AV界のスターである明日花だが、AVとは異なる演技が楽しかったという。「AVは素の私でやっているので、自由にできるんですが、私としては自分とは違うキャラに入り込む、こうした作品のほうが楽なんです」

 撮影は昨年7〜8月に行われたという。そこには意外な苦労が。「衣装がサウナスーツのようで、汗でぴったりくっついちゃって。装備品を外すだけでも10分以上かかるので、トイレに行くのも一苦労でした」

 とはいえ、もちろんお色気シーンもバッチリ。バストトップも披露しての激しい濡れ場はさすがの見せ場だけに、期待してしまう。

 苦労したのは、酔っ払うシーン。「お笑いキャラじゃないので、AVでもこんなシーンはなくて…」と戸惑ったというが「吹っ切れたら楽しかった。友達からも一番ほめられたんです」。

 セクシーだけじゃない、新たな一面を見せてくれた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。