元バイオマン・牧野美千子、義父が倒れ借金数千万円 働き過ぎで記憶ナシ (2/2ページ)

2015.02.06


牧野のキュートな笑顔は当時のままだ【拡大】

 場外市場が注目を浴び出した頃に重なり、売り上げはV字回復。先代も復帰し、見事5代目夫婦は危機を乗り越えた。

 過去のスーパー戦隊は中高年ファンが急増中。海外でも大人気だ。「7、8日には、パリで開催される日本文化展『PARIS MANGA』にゲストで呼ばれています。フランスで初めて放映された戦隊ものが『バイオマン』なので、今でも人気なんですって」

 順風満帆のようだが、新たな不安も。「来年には市場は豊洲に引っ越します。来年以降の集客が不透明なんですよ」

 ずっと地球を守ってきたスーパー戦隊。これからの場外市場を守るのはきっと牧野の笑顔だ。 (青海雅和)

 ■牧野美千子(まきの・みちこ) 実践女子大の「ミス実践」をきっかけに、篠山紀信撮影の「週刊朝日」表紙モデルで芸能界デビュー。スーパー戦隊シリーズ「超電子バイオマン」でピンクファイブ・桂木ひかるを演じて人気者に。現在は、築地場外市場にある佃煮、惣菜専門店「諏訪商店」((電)03・3541・6871、営業時間午前4〜午後1時)の5代目女将。戦隊もののファンイベントに顔を出すことも。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。