元経産省・古賀氏、古舘氏と「報ステ」本番中にバトル! 降板話を突然暴露

2015.03.28


古賀茂明氏【拡大】

 27日夜のテレビ朝日系「報道ステーション」で、ゲストの元経済産業省官僚、古賀茂明氏と古舘伊知郎キャスターが生本番中にバトルを繰り広げた。古賀氏が突然、自身の降板の舞台裏を暴露し、古舘氏も慌てて反論する醜態となったのだ。

 「テレビ朝日の早河(洋)会長とか、(制作協力している)古舘プロジェクトの会長のご意向で、今日が最後ということなんですが…」

 中東情勢に関するニュースの最中、古賀氏は唐突にこう切り出し、「菅(義偉)官房長官をはじめ、官邸の皆さんにはバッシングを受けてきました」と恨み節を連ねた。

 これに対し古舘氏が「今のお話は承服できません」「4月からも機会があれば出ていただきたいと思っている」と反論すると、古賀氏は、楽屋での古舘氏とのやりとりに言及し始めた。

 「でも、古舘さん、言われましたよね? 『私は何もできなかった。本当に申し訳ない』と」

 「私は全部録音させていただきましたので、もしそう言われるなら全部出させていただきます」

 その後も古賀氏は「I am not ABE」と書いた安倍政権批判を掲げるなどして暴走気味に持論を展開。プロレス中継で鳴らした古舘氏も“掟破り”の古賀氏にはタジタジだった。

 公共の電波を使った放送事故寸前の内輪モメに、インターネット上でもブーイングが続出。

 ジャーナリストの竹田圭吾氏はツイッターで、「古賀茂明という人はテレビで発言する機会を与えられていることの責任と義務をまったく理解していない」と指摘していた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。