観月ありさの結婚、なぜか心配… ぬぐい去れない“泥沼騒動” (1/2ページ)

2015.04.01


ブログでは幸せいっぱいの観月ありさ【拡大】

 お金はないより、もちろんあるにこしたことはないけれど、人生は、いや結婚生活はお金だけではないと思うのは、持っていない者のひがみだろうか。

 お金持ちのイケメン社長と結婚をした女優、観月ありさ(38)。観月は面倒見のいい、気配りの人だと評判もいい。その彼女が結婚を決めたのだから、お相手の男性の人格に心ひかれるところがあったのだろう。

 しかしどうしても、前妻の上原さくらさんとの泥沼離婚騒動を見ている限り、上手に情報操作をしながら、思い通りに離婚したという印象をぬぐい去ることができない。

 1年前、熱愛を物語る写真が撮られた。「あら、今度は観月ありささんと」と思ったのを思い出す。カメラを嫌がるでもなく、堂々と写っていたのが気になったが…。

 家庭運にはあまり恵まれていなかった。だから結婚に対して慎重にならざるを得なかったのか、子役から女優への道をまっしぐらに歩いてきた。

 四十路前に安定を求めたのか、高価なプレゼントを与えてくれ、心を満たすセレブな生活と引き換えに、愛する人が望むなら、惜しみなく写真にも応じるのか…。

 29日には自身のブログを更新し、「私が大切にしている事をいつも一番に応援してくれるそんな彼と出会って、彼の人となりをずっと近くで見続けて『この人となら!』と結婚を決意しました」とつづった。幸せいっぱい、彼にメロメロだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。