タランティーノうならせたアニメーター・梅津泰臣 アダルトアニメがハリウッドで実写化 (1/2ページ)

★アニメーター・梅津泰臣

2015.04.10


「A KITE」がついに実写化された梅津泰臣氏【拡大】

 1998年、世に送り出した18禁アダルトアニメ「A KITE」が、17年の月日を経てハリウッドの実写映画「カイト KITE」(ラルフ・ジマン監督、11日公開)として新たな命を吹き込まれた。ヒロインの暗殺者の少女サワを、名女優、オリビア・ハッセーの娘、インディア・アイズリーが演じる。

 アニメ公開当初、エロスとバイオレンスが交錯する世界観に、クエンティン・タランティーノをはじめ海外の名監督がうなった。

 「実写化の話を受けたのは13年前。その後、計画は迷走し、名乗りを上げた監督が亡くなるなど逆境の連続。やっと完成してホッとしています」との言葉に、実感がこもる。

 福島で育った少年時代、漫画家を志すも挫折した。「個人作業に向いていなかったんです。部屋にこもって絵を描いていると、憂鬱になる。それで、集団で一つのものを作るアニメを選びました」

 小学生のころ、あることをきっかけにトラウマを背負うことになる。

 「クラブ活動で100メートルの短距離走をやっていたんです。でも、病気になって辞めた途端、さんざん甘い言葉をかけてくれていた担当の先生から手のひらを返したように無視されたんです。大人はひどい」

 人間不信を抱えたまま、大人になった。東京の専門学校で学び、アニメーターとなる。そして、代表作「A KITE」へ。

 「当時は18禁アニメが隆盛。Hシーンさえあれば、一アニメーターの企画も通った。海外でウケたのは、びっくり。アニメCGと、高校生の女の子が殺し屋をやるというのが新鮮だったのかも」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。