愛川欽也さん壮絶肺がん死 80歳、闘病隠し仕事続け… うつみ宮土理憔悴 (1/2ページ)

2015.04.17


密葬を終え、愛川さんの遺骨を抱いて帰宅したうつみ宮土理=17日午前、東京都内【拡大】

 15日に80歳で亡くなっていたことが明らかになったタレント、愛川欽也(あいかわ・きんや=本名・井川敏明=いがわ・としあき)さん。在宅治療で肺がんと闘いながら、それを押し隠して仕事を続けていた。昭和から平成まで50年以上、“キンキン”の愛称で親しまれてきたが「おまっとさんでした」の言葉はもう聞くことはできない。

 17日午前、遺族のみで密葬を済ませ、荼毘(だび)に付した後、所属事務所が発表した。

 事務所によると、愛川さんは昨年冬に体調の不安を訴え、検査の結果、肺がんが判明。

 たっての希望で在宅治療を選んだ愛川さん。仕事に復帰する可能性にかけ、病名を公表しないまま、テレビ東京系「出没!アド街ック天国」の収録などに臨んでいた。3月に「アド街」を降板して以降は在宅治療に専念。「治療のため、今月初めには自宅に介護用ベッドなどを運び込んでいました」と芸能関係者。先月までは元気だったというが、今月に入って容体が急激に悪化した。

 妻のうつみ宮土理(71)の懸命の看病に支えられ、自宅で最期のときを迎えた。息を引き取る直前まで「仕事に行こう」と寝言のように口にしていたという。

 うつみとは1978年、前妻と離婚した翌日に再婚。以来、芸能界一のおしどり夫婦として知られた。健啖(けんたん)家で知られる愛川さんがテレビ番組で「(好物の)トロを数切れしか食べさせてもらえないんだよ」と語るほど、うつみは健康管理に気を使っていた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。