歌手・矢吹健さん孤独死 家賃4万円アパートで糖尿病患い…

2015.06.02


矢吹健さん【拡大】

 デビュー曲「あなたのブルース」が大ヒットし、1968年の第10回日本レコード大賞新人賞にも輝いた歌手、矢吹健さんが今年1月、山梨県内の自宅で亡くなっていたことが2日、分かった。69歳だった。妻子に先立たれ、誰にも看取られずに息を引き取った“孤独死”だったという。

 2日発売の「週刊女性」によると、矢吹さんは10年ほど前から家賃4万、築18年のワンルームアパートで独居。食事も高齢者向けの宅配弁当だったが、1月19日、自宅で倒れているところを弁当業者に発見された。

 過度の飲酒で糖尿病とアルコール依存症を患っていたが、自宅の冷蔵庫はアイスクリームが詰まっており、部屋の壁もたばこのヤニでべったりだったとし、「とても体に気遣う生活ではなかった」(関係者)という。

 矢吹さんは何曲かヒットを出すものの長続きせず、人気は下降線。スナックやキャバレーなどで営業をしていたが、99年、ひとり息子を病気で亡くし、2003年には妻が自殺。自身も02年に脳梗塞で倒れ、リハビリ生活を送っていた。

 「家族を亡くしてから、かなり気落ちし、仕事への意欲がなくなっていった。矢吹さんの死を知ったのは今年4月。ここ5、6年は連絡もなかった」と所属レコード会社の関係者は話している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。