堺雅人ドラマが視聴率不振の日テレ「救世主は杏」との声出る (1/2ページ)

2015.06.09

 話題にはなるものの結果を出せていない堺雅人主演のドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)。初回視聴率13.9%を皮切りにいまだに15%超えを達成できていない。

 「ドラマスタッフは真裏に放映されているフジのドラマ『心がポキッとね』を真似て、口ぐちに“心がポキっと折れたわ”などと言っている」(日テレ関係者)

 なぜ、このドラマの視聴率はいまいちのびないのか? 内容というよりは、ひとつには、日テレサイドと主演の堺とのコミュニケーション不足が原因だと指摘する声も。

 「日テレは当初、最低でも視聴率15%超えという高いハードルを設定していました。主演の堺サイドにも、積極的な協力を期待していました。しかし、放送前、番宣絡みのバラティー番組出演などは堺サイドはあまり乗り気ではなかったそうです」(別の日テレ関係者)

 そんな日テレ内で、「新たな救世主」という声が出ているのが今年7月から放送される杏(29才)主演のドラマ『花咲舞が黙ってない』。昨年4月に放映された第1弾は平均視聴率16%超えを記録。しかも、コストパフォーマンス面でも、優れた結果だったという。

 「制作費は、1本6000万円超えと噂の『Dr.倫太郎』の約半分だそうです。しかも、杏はバラエティー番組などの事前PR出演も基本OK。局内では4月期に『花咲舞〜』をぶつければ『アイムホーム』に勝てたといった声も出ています」(前出の日テレ関係者)

 さらに日テレは杏を完全に囲い込むためあるサプライズ企画を提案しているという。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。