あさひ待望論噴出 NHK「ニュースウオッチ9」新コンビに思わぬ逆風…

2015.06.19


早くも逆風の河野キャスター(右)と鈴木アナコンビ【拡大】

 河野憲治キャスター(52)と鈴木奈穂子アナウンサー(33)の新コンビとなったNHK「ニュースウオッチ9」だが、早くも逆風が吹いている。“更迭”されたともいわれる前任の大越健介氏(53)に対し、“安パイ”と目された河野氏だが、逆に“無味無臭”と不評だというから穏やかではない。

 5年間にわたり、ウオッチ9のキャスターを務めた大越氏の降板は、原発をめぐる発言などで“官邸の意向”が働いたとの見方が今も絶えない。報道局国際部長から抜擢された河野氏だが「イケメンで人望もあるうえ、局内では『無難な人選』との見方が強かった。つまり安パイということです」とNHK関係者。

 視聴率も10%前後と無難だが、「ネット上ではあまり評判が芳しくありません。このため局内では人選ミスではとの声も上がっています」と前出の関係者は声を潜める。

 確かにネット上では「無味無臭」「何もつけないパンを食べているようだ」「ウオッチ9が普通のニュースになってしまった」といった辛口評が相次いでいるのだ。

 「コメントが無難すぎて、つまらないのです。鈴木アナのほうが存在があって、河野さんは『刺身のつま』状態です」とテレビ誌記者も厳しい。

 かつて「ニュースステーション」で新しいキャスター像を打ち出した久米宏(70)も、4月のラジオ番組で「ウオッチ9の新キャスター」への批判として「誰も考えつかないコメントを言ってこそ、そこにいる意味がある。みんなが思いつくコメントを言ってもしようがない」と辛辣な言葉を投げている。

 逆風は、鈴木アナにも吹きつける。京都放送局に異動した前任の井上あさひアナ(33)が、全国ネット「NEWS WEB」のキャスターを月1回担当することになったことが報じられると、“あさひロス”が再燃しているのだ。

 「鈴木さんは朝向きだという声が多く、なぜか黒基調の衣装が多いのも不評。一方、井上さんは今は関西ローカルでしかみることができませんが、5月に『NEWS WEB』に登場した際もネット上でかなり話題になったので、あさひ待望論が高まっています」と前出の関係者。

 その井上アナ、「NEWS WEB」への次回出演は今月26日に予定されている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。