麻生久美子 27日公開「ラブ&ピース」で色気ゼロのヒロイン役 園子温のダメ出し連発にもめげないワケ (2/2ページ)

2015.06.24


園演出で一皮むけた麻生久美子【拡大】

 園監督も演出に参加したドラマ「時効警察」(テレビ朝日系)でのことだ。「女優という仕事に限界を感じていたときでした。自分の演技が好きじゃなくて。初めてコメディーをやらせてもらったんですが、自分を解放できた気がしたんですよね。女優をやめようとさえ思っていたのに、新たな自分を見つけられたことがうれしくて」

 自身の性格は「明るいけどネガティブ」と評するが、「落ち込んでいたときは、何でも悪く考えていました。でも今では悪く考えておけば、結果的に良ければ喜びも大きいかなって思えるようになりました」とポジティブに語る。

 強くなれたのは、3歳になる娘の存在もある。「子供と向き合っていると、学ぶことも多くて。改めて自分の性格と向き合ってる感じ。自分を育ててくれるんですよね」と明かす。

 さらなる飛躍に目が離せない女優だ。 (福田哲士)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。