NHK朝ドラ「あさが来た」 人気支える「いびり」萬田久子&「優男」玉木宏 (1/2ページ)

2015.10.26


萬田久子【拡大】

 NHK連続テレビ小説「あさが来た」が好調だ。週平均の視聴率は初週以降、20%の大台をキープし、日によっては23%台をたたき出すなど人気が高まっている。その原動力が“いびり”と“優男”のようなのだ。

 1〜3週目の週平均視聴率は、20・3%、20・2%、21・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と順調だ。「ヒロインあさの波瑠と姉はつの宮崎あおいの好演で『太陽と月』のような対比がうまく描かれている上、嫁ぎ先の運命の明暗の対比も、物語を盛り上げてくれています」とドラマ評論家の田幸和歌子氏。

 運命の明暗を際立たせているのが、眉山菊(萬田久子)の見事な「いびり」ぶりと、あさの夫、白岡新次郎(玉木宏)の「優男」ぶりだ。

 朝ドラといえば、「ごちそうさん」のキムラ緑子や「マッサン」の泉ピン子のようないびり役が欠かせないが、本作でその役を担うのが萬田だ。

 「もともとサバサバ系の役が多かっただけに、いびり役は新鮮。ただ、申し訳ないですが、キツそうなイメージがあったのでピッタリのハマり役」と田幸氏。

 そして萬田演じる菊のプライドを指摘する。「店をつぶすわけにはいかないという思いが、苦労を知らず育ってきた嫁への“いびり”という形で向けられている。単なる意地悪ではない」

 玉木演じる新次郎は当初、幼少期のあさ(鈴木梨央)とのギャップが話題となったが、2週目以降は、ネット上でも「アホぼんなのに嫌みのない演技」「引き出しの多さにびっくり」と評判だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。