【尾上松也の古地図で謎解き】忠臣蔵の真実 赤穂浪士の歩いた道を古地図でたどる

2015.12.07


尾上松也【拡大】

 こんにちは、尾上松也です。まもなく今年も12月14日を迎えますが、その日は、あの忠臣蔵で有名な赤穂浪士が宿敵吉良上野介の屋敷に討ち入りをした日なんです。そういうわけで、今回のテーマは「忠臣蔵の真実」。吉良邸への討ち入りの後、赤穂浪士たちは疲れ果てながらも仇討の成功を報告するため、浅野内匠頭の眠る赤穂藩の菩提寺、泉岳寺に向けて歩き始めます。今回は、その赤穂浪士たちの足跡を、実際に古地図を使ってたどっていきます。するとそこから意外な真実が次々に浮かび上がってきました。私達のよく知る歌舞伎や映画などの「忠臣蔵」と、史実としての「赤穂事件」では実は、様々な部分で違いがあったのです。

 討ち入りを成功に導くため、大石内蔵助が立てた綿密な作戦とは?「忠臣蔵」では、屋敷の炭小屋に隠れていた吉良ですが、実際に隠れていた意外な場所とは? 赤穂浪士といえば揃いの装束ですが、これも、事実と違った!? 勇ましい大石内蔵助の陣太鼓も、本当は…!もともとは浅野内匠頭の命日、3月14日に討入りするつもりだったのが、12月に前倒しになった意外な理由とは? そして、四十七士のはずが、なぜか48あるお墓。なぜ一つの多いのか…さらに、引き揚げ中、甘酒を振る舞われたという記録の残る赤穂浪士たちですが、番組中に意外な新説が登場。実際に彼らが飲んだ物とは?今回は、赤穂浪士の歩いた道を古地図でたどり歴史の真実に迫ります!番組をぜひ、ご覧ください。

■尾上松也(おのえ・まつや) 1985年1月30日東京都中央区出身。父は六代目尾上松助、叔父は大谷桂三(初代尾上松也)。身長178センチ。5歳のとき、歌舞伎座で初舞台。その後、数々の舞台に出演。昨年6月にコクーン歌舞伎にて「三人吉三」のお坊吉三に抜擢。また近年ではミュージカルにも年1回のペースで出演している。2014年のNHK紅白歌合戦のゲスト審査員。BS11の新番組「尾上松也の古地図で謎解き!にっぽん探究」は“初冠番組”となる。番組詳細は(http://www.bs11.jp/)まで。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。