【TVクリップ】「あまちゃん」「ビリギャル」「紅白」…の有村架純が、「皆さんが期待するような『月9』とは正反対になる」ってホント?!

2016.01.18


 女優の有村架純=東京都江東区青海(松本健吾撮影)【拡大】

■「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 フジテレビ 18日午後9時スタート

 映画「ビリギャル」など話題作に相次ぎ出演し、昨年末のNHK紅白歌合戦ではゲスト審査員も務めた。今、最も勢いのある若手女優の一人だが、意外にも民放地上波の連続ドラマでは初主演だという。

 「憧れの『月9』をこんなに早く(主演)できるとは思っていなかったので、正直、びっくりしています。でも、『月9』ということはあまり意識し過ぎず、『良い作品にしたい』という思いを込めて日々、演じています」

 物語は平成22年の秋から始まる。北海道で養父母に育てられ、自分の願望を押しとどめて生きてきた少女、音(おと=有村)は1通の手紙がきっかけで、練(れん=高良健吾)という青年と出会う。「2人は『胸キュン』が前面に出た関係ではないのですが、『ただ一緒にいるだけで幸せ』という関係を画面越しに伝えられたら」

 脚本は、「最高の離婚」や「Woman」などを手掛けた坂元裕二氏。ラブストーリーであると同時に、若者の貧困など社会的テーマも今作には盛り込まれている。

 地方から上京してきた若者たちの「群像劇」でもある。音と練を中心とした6人の若者の恋物語が、5年という時間の経過とともに描かれる。

 自身も中学3年のときに女優を志し、上京した。「最初は本当に苦労しました。右も左も電車も分からないし、人は多いし…。同じ上京組として音ちゃんには共感しますし、当時のことを思いだすこともあります」

 可憐(かれん)さや爽やかさが印象的だが、ストイックな一面も。趣味を尋ねたところ、「トレーニングです」と即答した。「体も心もスッキリするし、『しんどいときこそ行こう!』って。この前も撮影が深夜に終わったんですが、『ここで行かなかったらだめだ!』と思い、頑張って起きました」と笑顔を見せる。

 「今作は、皆さんが期待するようなキラキラした『月9』とは正反対の作品になると思います。でも、音と練の2人をはじめ、登場する人たちは真っすぐで純粋で、がむしゃらで…。ぜひ、見ていただいて、『みんな幸せになってほしい』と、応援してくれるとうれしいです」

 言葉の一つ一つを選ぶように、ゆっくりと話す。自身の考えをなるべく正直に伝えたいと努力する真摯な姿が、劇中の音と重なって見えた。(本間英士)

       ◇

 <ありむら・かすみ>平成5年生まれ。兵庫県出身。22年のドラマ「ハガネの女」で連ドラ初出演。25年のNHK朝ドラ「あまちゃん」で注目を集める。映画「ビリギャル」やドラマ「海に降る」などに主演し、アニメ映画「思い出のマーニー」ではマーニー役の声を担当。3月公開予定の映画「僕だけがいない街」ではヒロイン役を演じる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。