俳優・中尾明慶 小説家デビュー アイドル女優の妊娠スキャンダル描く 堂々のミステリー「陽性」

2016.01.25


迫真のミステリーでデビューした中尾明慶【拡大】

 「3年B組金八先生」や「ROOKIES」などで知られる俳優、中尾明慶(27)が、初著書「陽性」(双葉社)で小説家デビューした。あるアイドル女優の妊娠というスキャンダルをめぐり、さまざまな人間の思惑がかけめぐる堂々のミステリー小説だ。

 トップアイドルの上原なつきがまさかの妊娠。相手はかつて映画で共演した売れない若手俳優。出産に反対する事務所、なつきを蹴落とそうと画策するライバル女優、スクープを狙う週刊誌記者、暗躍するアウトサイダーたち…多くの人の思惑がうごめく中、なつきは無事出産できるのか。

 章ごとに語り手が代わりながら、状況を肉付けしていく構成で、読者をひきつけていく。さらに子役時代から芸能界に身を置く中尾だからこそ、書くことのできる描写は実にリアルだ。中尾は約1年3カ月かけて書き下ろしたという。

 中尾は「生命の重さということを大きな一つのテーマとして本を書かせていただきました」と語る。戦争を題材にした作品に出演することで「生命」について深く考えるようになったという。「たった一つ言えるのはこの瞬間も今、尊い生命が失われ、また新たな生命が誕生しているということです。死が恐ろしく身近に感じる今だからこそ、生命の重さを発信したくて書かせていただきました」

 編集を担当した双葉社編集局部長、渡辺拓滋氏によると、小説としては異例の初版1万部。「俳優という仕事柄、文章には独自の世界観があり、描写と構成力はかなり秀逸。一人の作家として高い評価をさせていただき、デビュー作を出版することになった」と話している。

 帯の推薦文を、中尾が一番尊敬している明石家さんまがユーモアたっぷりに書いているのも注目だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。