坂本冬美、新垣隆氏と初コラボ「断れない方なんですね」 30周年記念曲『愛の詩』

2016.02.17

初コラボを果たした坂本冬美(右)と新垣隆氏
初コラボを果たした坂本冬美(右)と新垣隆氏【拡大】

 デビュー30周年を迎えた歌手、坂本冬美(48)が16日、3月2日にリリースする30周年記念の両A面シングル「北の海峡/愛の詩」の公開レコーディングを行った。

 この日収録されたのは「愛の詩 ピアノver」。一昨年、ゴーストライター騒動で注目された作曲家、新垣隆氏(45)が初めて手がけた歌謡曲だ。作詞は、デビュー曲「あばれ太鼓」のたかたかし氏。4月配信予定で、新垣氏自らピアノを演奏する。

 スタジオに姿を現わした2人は、ともに笑顔。公開レコーディングは初めての坂本だが、新垣氏の演奏と相まって情感たっぷりに歌い上げた。

 「繊細でソフトなピアノ。すばらしい曲。ダメもとで頼んだら、作っていただけた。断れない方なんですね」と笑いを誘う。新垣氏は神妙な面持ちで「冬美さんの声を大切に作った。夢のようです」と満足げ。報道陣から「(ゴーストライター騒動の)佐村河内氏には作れない曲?」と振られると「私は私の言葉で作っていますので」。

 坂本は3月からコンサートツアー、秋にはリサイタル、劇場公演と忙しい記念イヤーになる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。