「カトパンは続けるんだろうな?」フジの電話鳴り止まず

2016.03.27

 フジの女子アナのエースとして君臨してきた”カトパン”こと加藤綾子アナ(30)。「退社」発表以降、フジテレビの電話は鳴り止まないという。同局関係者が語る。

 「1月に加藤が正式に退社を発表して以来、今も視聴者センターには問い合わせが続いている。さすがに『なぜフリー転身を認めたのか』という声は減ったが、『カトパンは続けるんだろうな』という内容は多い」

 加藤アナ(30)は4月末で退社し、今後はフリーとして活動する。しかし、その存在感は高まる一方で、4月からは週末のスポーツ情報番組『スポーツLIFE HERO’s』の日曜メインキャスターを務める。大型改編が行なわれる中で、退社後も相変わらずの“カトパン頼み”は続く。

 特に不安視されているのが『めざましテレビ』だ。カトパンの座っていたキャスター席に座るのは4月で入社3年目になる永島優美アナ(24)と新人の宮司愛海アナ(24)だが、前任者が“偉大”すぎたせいか局内では不安の声が絶えない。

 「実力未知数のツートップでは地味で知名度も低い。カトパンに頼り切って看板アナを育ててこなかったツケが出ている」(同前)

 そこに追い打ちをかけたのが「ショーンK」問題だ。4月からスタートする夜の報道新番組『ユアタイム』のメインキャスターに抜擢した「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏(48)が、週刊文春の報じた学歴詐称疑惑で緊急降板することになった。

 『あしたのニュース』と『すぽると!』を打ち切ってスタートする肝煎り番組は船出前から“船頭”が欠ける緊急事態に陥った。フジ報道局員がいう。

 「いよいよ亀山千広社長の進退問題になるのでは、と社内は浮き足立っています。しかも『ユアタイム』の制作会社の社長は安藤優子さんの夫。フジから出向して初の大仕事でミソがついて、“厄払いしたほうがいい”と囁かれています」

 ※週刊ポスト2016年4月8日号

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。