(122)チェリーボーイズ

2016.04.05

連載:ピンスポ

取材に応じた米原幸佑と新垣里沙(左から)
取材に応じた米原幸佑と新垣里沙(左から)【拡大】

  • <p>いよいよ稽古開始</p>
  • <p>テンポよくコメディー要素満載に展開する物語前半</p>
  • <p>DJハッチを演じる米原</p>
  • <p>はるか先生を演じる新垣</p>
  • <p>「今回の役は新たな挑戦です」と新垣</p>
  • <p>演出の滝井サトルの言葉に耳を傾ける一同</p>
  • <p>物語後半のどんでん返しに注目!</p>

 米原幸佑&新垣里沙のダブル主演、そして豪華キャストが勢揃い! 劇団紹介コーナー『ピンスポ』第122回は「チェリーボーイズ」(http://www.birdlandmusic.co.jp/cherry/)を紹介します。

 4月13日(水)〜17日(日)に計8公演、博品館劇場(銀座)で上演をする『チェリーボーイズ』の稽古場へ。主演の米原幸佑と新垣里沙の2人を直撃した!!

 「DJハッチ役の米原幸佑です。ハッチは、いじめられていたというコンプレックスから、それを払拭するためにおしゃべりのスキルを磨いて、中学高校で人気者に。そのまま特技を活かしてラジオDJになったという男です。ちゃらんぽらんで、女性にすぐ手を出すようなところがあり、ついには嫁と子供にも見放され…愛してないわけじゃないけど、仕事が楽しいし、痴呆症気味の父のことも含め、そういったこと全てが面倒臭いと思っていて…根が悪い奴じゃないけど、脚光を浴びるようになったことで、そんな奴になってしまったみたいな感じですね。ただ、僕の役は後半にどんでん返しがあるんですよ。そこから結構ほろっとするシーンになっていきます。ですので、最後までしっかり観てほしいです! 自分自身と似ているところはあんまりないですね。むしろ真逆かも。僕は私生活が地味で、軽快なおしゃべりをしないんで(笑)。ただ、34歳になっても高校時代の友達と繋がっているのは羨ましいなと思います。ちなみに、ハッチには中学生の息子がいます。自我を持った息子がいる役は初めてです。3週間の稽古中に息子に背が抜かれないようにしないと(笑)。チェリーボーイズ6人は本当にバカな男たちです。でも、だからこそ、その熱量と現在のギャップが際立って、物語最後のどんでん返しへと繋がっていっていると思います。あ、観た方はネタバレしないようにして下さいね。オチが重要になっているんで! 幅広い年齢層に楽しんでもらえる、色々な要素の詰まったエンターテイメント舞台になっています。ぜひ劇場に足をお運び下さい!」(米原)

 「はるか先生を演じます新垣里沙です。はるか先生は、ハッチたちの高校時代の教育実習生。そのセクシーさで、ハッチをはじめとする男子たちの心を鷲掴みにします! 『何でもいいのよ』という楽観的な性格だったりもするのに、彼らにはそういったことをストレートに伝えない。わざとセクシーな言い回しで言ったり、ぶりっ子な感じで言ったりするんです(笑)。そんなはるか先生ではありますが、教育実習終了後も、というより、彼らが大人になってもずーっと見守っていて…成長をちゃんと知っていて…そんな人でもあるんです! 自分自身と似ているところはほとんどないですね。稽古がまだ始まったばかりなので、探り探りの部分もありますが…はるか像をしっかり自分でまずは描きたいと思っています。セクシーな部分やぶりっ子な部分は思い切りやらないといけないなぁ(笑)。あと、お昼からセクシートークを繰り広げるDJマロンという役(声だけの役)もやるのですが、はるか先生に似ていながらも、また違った雰囲気に、それを声だけで表現しなければいけないんです。本当に、今回もまた新しい挑戦だと思っています! 物語前半はコミカルで面白い展開です。私はストリーテラー的なポジションで、スピーディーにみんなを紹介していきます。そこにもぜひ注目してほしいです。反対に物語後半は、グッとくると思います。ほろっとしてしまうと思います! 素晴らしいたくさんの共演者たちが、めまぐるしいテンポで色々な人物を演じます。そのあたりも楽しみにしていてほしいです! 男の子たちが馬鹿げたことを一生懸命繰り広げます。私たちと一緒に青春時代を思い出しましょう! 劇場でお待ちしております」(新垣)

『チェリーボーイズ』
【日程】4月13日(水)〜17日(日)計8公演
【会場】博品館劇場(銀座)
【脚本・演出】滝井サトル
【出演】米原幸佑、新垣里沙/野久保直樹、南翔太、北村悠、末野卓磨、五十嵐啓輔、村上幸平/葵ひびき、アラキマキヒコ、石井真紀、奥井長門、黒木理羅、階戸瑠李、柴紅音、中西優香、西田有愛、柚木美咲、渡辺瞳
【あらすじ】その日、アンカーだった蜂須賀は待っていた。しかしついに彼の元にタスキは回って来なかった。6人で繋ぐ駅伝だったのに…。憧れの教育実習生はるか先生にいい所を見せたかったのに…。あれから20年。長い時間が流れても消えぬモノ。蜂須賀はラジオのDJとして活躍している。順風満帆な人生…のはずだった。久しぶりに再会することになったあの時の駅伝メンバー。歌い手になった者、業界でブイブイ言わせてる者、一流野球選手になった者。下北で芝居を続ける者…。人生は様々だ。それぞれの岐路に立たされる男たち。彼らの人生、桜は咲くのか、散るのか。現在と高校時代の記憶が交錯する時、彼らの青春が再び色付き始める。
【公式サイト】http://www.birdlandmusic.co.jp/cherry/

■取材先劇団募集
『ピンスポ』は取材先劇団・ユニット様を大募集中です。詳細は本コーナーをプロデュースするコンテンツプロダクション・株式会社ルートデザインまで!
【ツイッター】https://twitter.com/rootdesign_inc
【公式サイト】http://contents-pro.com
【YouTube】https://www.youtube.com/rootdesigninc

■チケットプレゼント
『チェリーボーイズ』の4月14日(木)19:00〜&15日(金)19:00〜に各2組4名様の計4組8名様をご招待!お申込は株式会社ルートデザイン公式ツイッター(@rootdesign_inc)より

次回(第123回)の掲載は4/26(火)予定です。お楽しみに!!

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。