【美人セラピストのモミモミ人生】寝る前に食べて痩せるダイエットとは?

2016.04.25

石川なお
石川なお【拡大】

 アメリカで発表された、ハイプロテインダイエットとも呼ばれるダイエット方法をご紹介します。やり方はとても簡単。高タンパク質などを摂取してただ寝るだけです。

 高タンパク質食品は筋肉量を維持したり増やしてくれるので、たくさんのエネルギーを消費する体になる為痩せ体質作りには必要な栄養素です。栄養素が足りないと体のエネルギーを上手く使う事が出来ないために燃焼されず、太りやすくなります。タンパク質は体を動かす為のエネルギーでこれが無いと脂肪を燃焼できません。

 また睡眠の質が高まる相乗効果もあるので良さそうです。睡眠中のレム睡眠(浅い眠り)は起きてる時よりもカロリーを消費していると言われています。誰もが知ってる通り良い睡眠は美肌にも良いですね。

 お手軽な高タンパク食品は穀物やサラダチキン。スモークチキン、チクワ、豆乳、ビーフジャーキー、納豆など。夜に食べて寝るだけ。ただそれだけ、簡単です。時間は、胃を休めてあげられる就寝3時間前に摂取しておきたいです。

 体を動かすのでしたら痩せ体質にオススメなのは、体の大きな筋肉を鍛える事。太もも、腰、お腹の筋肉は身体の中でも大きな筋肉です。こちらを意識して筋力アップを目指すと痩せ体質に変わります。大きな筋肉はカロリー消費を沢山します。高タンパクを摂取していると筋肉量を増やしやすいです。運動をプラス出来ればより早く効果が現れますよ!

 食べないでダイエットは悪循環になるので、絶対にやってはいけません。是非、食べながら質の良い睡眠をとって健康的に痩せて下さいね♪

■石川なお(いしかわ・なお) ヒーリングアロマセラピスト。東京の三軒茶屋と上野毛にプライベートサロン「You&me」(http://youandme-sancha.com/)の代表。恵比寿の有名サロンの右腕として活躍後、独立。メンタルセラピーやボディジュエリーの資格を持ち、芸能人、著名人をはじめ多くの顧客から絶大な信頼を得ている美人セラピスト。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。