【白川みきの究極美肌術】世界一カンタンでお金のかからないスキンケアの方法とは (1/2ページ)

2016.04.26

白川みき
白川みき【拡大】

 春らしいぽかぽか天気が続いていますが、この時期は肌が急に脂っぽくなったり、花粉症の影響で肌荒れしたり、なにかとケアが必要な季節でもあります。

 今回は、わたしがスキンケアのときにいちばん気をつけていることについてお話したいと思います。わたしたちがよく「肌荒れしている」「肌の調子がいい」などと言っている「肌」は、肌の一番外側を覆っている「角質層」のことを指しています。この重要な角質層ですが、いったいどれくらいの厚さがあるかご存知ですか? じつは、たったの「0.02mm」! なんと、食品用のラップしかないのです! つまり、スキンケアやメイクの際に、強い力で肌に触れたりこすったりすると、角質層を傷めかねません。また、入念にメイクする場所も角質層のダメージになりやすく、シミの原因になることも。せっかく美しくなろうとスキンケアに力を入れても、自分で自分の肌にダメージを与えては元も子もありませんね。そのために、わたしはお肌に触れるときにちょっとした工夫をしています。

 まず、スキンケアするとき、「コットン派」もしくは「素手派」と分かれると思いますが、わたしは絶対に「素手」と決めています! そのほうが、肌を傷つけずにケアをできるからです。しかも、「薬指」を使って、お手入れしています。わたしの初めての著書『美人は薬指からつくられる』(アスコム)のタイトルにも入れているのですが、なぜ薬指かというと、指の中で最も力が入りにくい指だから。わたしはこの「薬指美容法」を、お金もかからず世界一カンタンなスキンケア法だと自負しています。では、ご紹介していきましょう。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。