作曲家 冨田勲氏死去 シンセサイザーで日本音楽を変えた男 喜多郎やYMOにも影響

2016.05.09

冨田勲氏が音楽シーンに遺したものは大きい
冨田勲氏が音楽シーンに遺したものは大きい【拡大】

 今月5日、慢性心不全のため84歳で亡くなったシンセサイザー奏者で作曲家の冨田勲(とみた・いさお)氏。電子音楽の作曲家の先駆けとして世界的に活躍するだけでなく、日本の音楽シーンにも多大な影響を与え続けた。

 冨田氏は1932年、東京都生まれ。作曲家として、NHK大河ドラマの第1作「花の生涯」や「新日本紀行」「きょうの料理」などのテーマ曲を手がける一方、「ジャングル大帝」といった手塚治虫アニメの音楽なども作曲。

 1970年代からは、シンセサイザーをいち早く導入し、モーグ・シンセサイザーを日本で初めて個人輸入。アルバム「月の光」や「惑星」といった野心的なアルバムを数々発表した。74年には、日本人で初めてグラミー賞にノミネートされるなど、世界的な評価を受けた。

 冨田氏が日本の音楽シーンに与えた影響について、音楽評論家の富澤一誠氏は「シンセサイザー奏者の先駆者として冨田さんがいたからこそ、日本の音楽シーンでもシンセが主流になっていく。いまやシンセが作曲から演奏まですべてを担っているほど。もし冨田さんがいなければ、ここまで広がっていたかどうか分からない」と指摘。

 「冨田さんがシンセを始めたころは、まだすべてが手探りだった。海外ではEL&Pが登場していたが、まだ遠かったシンセを身近なものにし、次に続く喜多郎やYMOといったアーティストを生んでいった」とその功績をたたえる。

 そして「今年はEL&Pのキース・エマーソンも亡くなっており、同じ時期に偉大なシンセ奏者を失ったことに運命的なものを感じる」と話している。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。