【あの有名人から学ぶ!がん治療】破天荒・立川談志さんの闘病生活 タバコと喉頭がん (3/3ページ)

2016.06.09

長尾和宏先生
長尾和宏先生【拡大】

 このとき、朝日新聞のインタビューではこんな発言をしていました

 「もう落語に飽きちゃったというか、キザに言えば奥義を窮めたというか、自分自身の中でね。落語は常識に対する非常識。私はそれをさらに進めたクレージーな落語みたいなとこまで行っちゃった。もういいだろうという気がする。今後自分が落語に新しいものを発見できるかというと、どうも無理だろう。肉体的にも無理だろうという気がします」

 しかし一方で、こんな発言も。

 「いい年こいて、と客観的に見ている自分と、まだ娑婆(しゃば)に未練がある自分とが両方いるんですね」

 「医者の言う通りにしているとどんどん元気になるんだ。ところが、おとなしく素直にしているのは談志らしくない、ビール飲んでる方がお前らしいよと言う自分がいて、いらついて、また安定剤をもらったりしてね。どうも厄介なんです」 

 破天荒に生きてきたからそ、受け入れがたい、己の肉体の「老い」と「病」。医者の私でも、この気持ちは痛いほどわかります。肉体は老いていくが、芸は年を重ねるごとにどんどん円熟していくのですから、尚さらの不条理を感じるのでしょう。次回は、そんな談志さんの死生観と最期を見ていきましょう。 

■長尾和宏(ながお・かずひろ) 長尾クリニック院長。1958年香川県出身。1984年に東京医科大学卒業、大阪大学第二内科入局。阪神大震災をきっかけに、兵庫県尼崎市で長尾クリニック開業。現在クリニックでは計7人の医師が365日24時間態勢で外来診療と在宅医療に取り組んでいる。趣味はゴルフと音楽。著書は「長尾先生、「近藤誠理論」のどこが間違っているのですか?」(ブックマン社)、「『平穏死』10の条件」(同)、「抗がん剤10の『やめどき』」(同)。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。