永さんは江戸っ子のエリート 50年来の親友・毒蝮三太夫が夕刊フジに明かした素顔

2016.07.14

永六輔さん
永六輔さん【拡大】

  • <p>永さんへの思いを語った毒蝮三太夫</p>

 今月7日、肺炎のため83歳で死去した放送作家でタレント、永六輔さん。50年にわたって交遊のある俳優、毒蝮三太夫(80)は「大きな昭和の星が堕ちた感じだよ」と死を悼み、その素顔をしのんだ。

 1970年、TBSラジオ「永六輔の土曜ワイドラジオTokyo」で共演。こう振り返る。

 「永さんは大御所でね。リポートも気に入らないと途中で切られてしまう。何をやっているのか分からないのはダメ。気に入られるリポートをしようと必死だったね。久米宏も小島一慶もそうやって鍛えられたんだ。俺が今、まだラジオでやっていられるのも永さんのおかげだよ」

 脊柱損傷手術で入院していた永さんが退院する直前の4月13日、見舞いにいったという。

 「にこにこしていてね。でも体はかなり小さくなって、もう復帰はないんだろうなって、俺も覚悟したね。燃え尽きたような気がしたね」

 同じ江戸っ子、下町生まれだが、「永さんはエリートの江戸っ子。浅草のお寺の息子だもの。大工の息子の俺とは生まれ育ちが違うんだよ」。

 昨年、寄席で共演したときのことが印象深い。憲法改正の話になると、永さんが「押しつけられた憲法でも、いいものはいいんだ」と声をあげたという。

 「バリバリの護憲派だと思うだろ。でも一方で『平和を一番願っているのは、昭和天皇であり、今の天皇陛下だ』って言うんだよ。意外とニュートラル。いいものはいいと認めるところは、まさに江戸っ子だな」

 そして続ける。

 「何でも笑い飛ばしてやろうという精神は受け継ぎたいね。それを次の世代につなげていくのも、残った俺が元気なうちにやらないといけない役目だろうね」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。