高畑淳子、自爆…“避難所”発言で非難殺到 親バカの極み 被害者への認識甘く (2/2ページ)

2016.09.06

いったい誰が被害者なのか
いったい誰が被害者なのか【拡大】

  • <p>高畑裕太容疑者</p>

 高畑の発言をめぐっては、8月26日に行った謝罪会見でも、被害者の女性のことを“被害者とされる女性”と表現するなど、被害者への認識の甘さをうかがわせるものが見受けられた。

 ネット上でも「親がそこまで責任を負うべきか」と擁護の声がある一方、「子が子なら親も親」「加害者なのに被害者意識がひどい」など批判が噴出しているのだ。

 「謝罪会見では、舞台に出ることが贖罪だとも発言していたが、世間の厳しい目にさらされることが贖罪であるなら、けいこ場を“避難所”と表現することは筋違い」と演劇関係者も憤る。

 3日放送された日本テレビ系「メレンゲの気持ち」でも、ゲストとして出演していたが、流されたのは、カットのしようのない相づち程度で、発言が映されることはほとんどなかった。

 「当初は、バカ息子に振り回されるかわいそうな母親という受け止め方をされていたが、発言が表沙汰になるにつれ、見方が厳しくなっている。イメージの回復には時間がかかるのでは」と放送関係者。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。