吉幾三らステージ彩る豪華顔ぶれ 日本作曲家協会音楽祭・2016

2016.09.09

吉幾三
吉幾三【拡大】

  • <p>伍代夏子</p>
  • <p>因幡晃</p>

 恒例の「日本作曲家協会音楽祭・2016」(後援・産経新聞社など)が10月3日午後5時から、東京都北区の「北とぴあ・さくらホール」で開催される。活躍がめざましく、歌謡界をリードする歌手を対象にした「特別選奨」には、吉幾三、伍代夏子の2人が選ばれ、ステージを飾る。

 新しい歌を世に送り出すソングコンテストは一般からも作品を募集。日本作詞家協会コンテスト大賞に選ばれた作品に付曲するコンペスタイル。近々正式決定するグランプリ作品は“奇跡のクリスタルボイス”を持つ松原健之が初披露する。

 出演陣も多彩。ベストカラオケ賞は昨年のグランプリ曲「おちょこ鶴」を城之内早苗が歌う。有線大賞は因幡晃が「リチャードギアにはなれないけれど」を、“愛され続ける歌”をテーマにしたロングヒット賞はハン・ジナが「窓」を披露。

 次代の担い手を支援する奨励賞は、受賞した丘みどり、工藤あやの、羽山みずき、杜このみ、村木弾も出場。名曲を紡ぐコーナーでは西崎緑、平尾昌晃と豪華な顔ぶれになる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。