【発掘!流行り歌 徒然草】チャーリー浜「私は涙の花粉症」 関西人気芸人の花粉吹き飛ばす応援歌 (1/2ページ)

2016.10.25

一世を風靡したチャーリー浜
一世を風靡したチャーリー浜【拡大】

  • <p>チャーリー浜「私は涙の花粉症」</p>

 1990年代頃から、社会問題にもなった花粉症。春になると、街中には白いマスク姿が目立つようになった。ゴルフ場では花粉が舞い、グリーン上でパターを構えていると、鼻水がボタボタ落ちてしまらなかった。

 チャーリー浜は横山エンタツの息子の花紀京に入門すると、きざな二枚目キャラと大阪離れした言葉で売り出した。間寛平が弟弟子にあたる。

 無名時代は大村崑に似ていたため殺陣のシーンでは代役もやった。後に大村崑と共演の機会があり、「下品なネタはするな」「舞台で弱者をいじめて笑いをとるな」との大村の教えをかたくなに守っているという。

 「ごめんくさい」「君たちがいて僕がいた」などのギャグで、吉本新喜劇を中心に関西ではよく知られた芸人だった。その後、吉本の東京進出の流れに乗って91年に「じゃあ、あ〜りませんか」で流行語大賞に輝くと、全国区タレントに昇り詰めた。

 すぐ、この人で何かやろうと思った。即座に思い浮かんだのは「花粉症じゃ、あ〜りませんか」という医者役を連想してしまった。花粉症に悩む患者をぱっと明るくしてしまう調子のいい医者。これで花粉症に苦しむ人のうっぷんを晴らしてもらったらいいんじゃないかと。

 下北沢のジャケット撮影スタジオに向かう道すがら、居酒屋がいっぱいあるのを目にして、「ちょこっと、寄っていきませんか」とニコニコしながら言うので、こちらも「はい」と思わず返事しそうになった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。