亡くなる前日に…おまきさんから届いた最後のメール 芸能リポーター・東海林のり子氏明かす (1/2ページ)

2016.12.09

最期まで一線であり続けた
最期まで一線であり続けた【拡大】

 5日に虚血性心不全のため、71歳で急逝した芸能リポーター、武藤まき子さん。芸能リポーターの先駆者のひとりとして第一線を走り続けてきた。フジテレビ系「おはよう!ナイスデイ」で、武藤さんとともにリポーターを務めた東海林のり子(82)が、武藤さんとの思い出を明かした。

 「実は12月4日、亡くなる前日にメールをもらったの。『お元気ですか? 私は体調を崩しダウンしてます。でも、お互いまだまだ頑張りましょう』という内容でした。その翌日に亡くなったと聞いて、突然でびっくりしています」

 東海林は1988年、「3時のあなた」終了に伴い、武藤さんのいる「ナイスデイ」に移った。武藤さんは芸能や皇室、歌舞伎がメーン、一方の東海林は半分以上が事件の担当。

 「ジャンルが違うから競争という意識はなく、戦友という感じでした。当時はワイドショーの全盛時代で、いち早く深く取材することが求められる中、彼女は仕事への情熱が深く、プライベートもなく取材し続けていました」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。