鈴木清順氏・追悼秘話 独特の映像美「自分では分からない」 田中宏子氏が明かす巨匠の素顔 (1/2ページ)

★鈴木清順氏・追悼秘話(下)

2017.02.25

鈴木清順さん
鈴木清順さん【拡大】

 慢性閉塞性肺疾患のため、93歳で死去した映画監督の鈴木清順さん。時代を挑発し続けた巨匠の素顔を映画ジャーナリスト、田中宏子氏が明かす。

 ◇

 1967年、「訳の分からない映画ばかり作られては困る」と「殺しの烙印」を最後に解雇された鈴木監督。

 独特の映像美は「清順美学」とも呼ばれたが、田中氏は「確かに清順映画はリアリズムとは無縁で、ストーリーがよくわからない。なのに、日本的な情緒を排したモダンな感覚、独特の映像や色彩が病みつきになる。カルト映画の先駆者だったと思う」とみる。

 クエンティン・タランティーノ、ウォン・カーウァイ、ジム・ジャームッシュら海外の才気あふれる監督たちが鈴木監督を敬愛してやまない。

 さぞかし気難しい監督ではと思われてきたが「囲碁の大会で何度かお会いしたが、実に気さくな方だった」と田中氏は振り返る。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。