SKE須田亜香里、総選挙で「1位を目指したい!」順位あがるほど「そばにいけるアイドルでありたい」 (1/2ページ)

2017.03.26

トークショーでは白衣&黒縁メガネという格好で登場した須田亜香里
トークショーでは白衣&黒縁メガネという格好で登場した須田亜香里【拡大】

  • <p>出版記念イベントを行ったSKE48の須田亜香里</p>

 SKE48の須田亜香里(25)が25日、東京・神保町の書泉グランデで自身初の著書「コンプレックス力〜なぜ、逆境から這い上がれたのか?〜」(産経新聞出版、1300円+税)の出版記念イベントを行った。須田は集まったファンへのメッセージとして6月17日に沖縄で開催される“AKB48選抜総選挙”に立候補することを表明した上で「1位を目指したい!」と宣言し、前回7位からのさらなる飛躍を誓った。

 須田はこの日、記念イベントとしてコンプレックス力大学の須田教授に扮し、「自分を好きなるために」をテーマにした講義を行った。講義は著書をベースにした内容で、時間は30分。生徒(ファン)を前に「自分がかわいくないことを認める」「まぁいっかの精神で自分にOKを出す」「足りないことはチャンス」の3か条を掲げ、「かわいくないということを受け入れることが大事。かわいくないと言われたことの原因を分析すれば、一歩先に進める」などと熱弁をふるった。

 その後の質問タイムで総選挙について言及した。「(ネットなどに出る前に)最初にファンに伝えたい」と話し、まずは立候補を表明。目標については「(2016年に)7位になって、(メディアに露出する機会が増えたことで)ネットなどで『なぜ人気?』『かわいくない』などと言われるようになった。7位はまぐれだと思っている人もいるので、次が本当の順位だと思う」と述べた。その上で「私はちょっと意地を張っている。意地を張って(目標は)7位以内。本音を言っちゃえば…1位を目指したい!」と宣言し、会場を沸かせた。

 イベント前に行われた囲み取材でも総選挙の目標を聞かれた須田。そこでは1位になった時の公約も掲げ、「SKE48のメンバーで、地元の方が誰でも来られる市民会館のような場所で、ミニライブやイベントをやりたい。地道なイベントを続けて、より多くの方に親近感をもってもらえるアイドルになりたい。ランクアップや1位になると遠い存在になるのではと思われがちですが、上位にあがるほどそばにいけるアイドルでありたい」という抱負を述べた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。