ケツアゴになる人、ならない人 欧米化する食事 増える肉食で咀嚼筋が発達

2015.10.11


イラスト・メソポ田宮文明【拡大】

 幼い頃は天使のように可愛かった男の子が、成長とともに少しずつ顔が長くなったり、濃くなったり、ゴツくなったりし、気づいたら外国人のようにアゴが割れ、「ケツアゴ」になっていた…ということはときどきある。

 もともと欧米人などにはケツアゴが多い印象があるけど、日本人は少ない気もする。ケツアゴになる人・ならない人の違いは、どんなことなのだろうか。都内の美容外科医に聞いた。

 「日本人や東洋人の場合、歴史的に草食だったため、一般的に『咀嚼(そしゃく)筋』の発達が不十分であることから、ケツアゴには本来なりにくいんです。ケツアゴになりやすい人というのは、オトガイ筋の十分に発達した人なんですよ」

 オトガイ筋とは、口唇周りにかけての口筋の中で、口の下にV字型に走っている、梅干し状のシワがよる部分の筋肉のこと。食べ物の違いによって、アゴの違いが生まれていたようだが…。

 「日本人も、食事が欧米化し、肉を多く食べるようになったことで、体形が欧米化してきていることと同様に、咀嚼筋が発達し、ケツアゴ化しているということは考えられると思います」

 また、ケツアゴはどちらかというと、女性よりも男性に多い印象があるけれど、これはなぜ?

 「女性の場合、皮下脂肪が多いため、皮下脂肪でカバーされてケツアゴが目立たないということはあります。間違ったダイエットや、痩せすぎなどによって、女性ホルモンが減りすぎてしまうと、ホルモンのバランスが崩れてしまい、男性化が進んでケツアゴ化してくる可能性もあります」

 そういえば、痩せすぎて、アゴがしゃくれ気味になった人もときどきいるもの。

 では、ケツアゴを治す方法ってあるのか。

 「正直、ケツアゴを自力で治すことは不可能かと思います。ただし、割れているアゴの真ん中にヒアルロン酸注射を打ったり、シリコンプロテーゼを入れたり、割れている顎先部分を削る整形によって治すことはできます」

 ちなみに、アメリカなどではケツアゴはセクシーなイメージがあり、歓迎されるそう。アゴが割れてきてショックを受ける男性もいるが、そう悪いモノでもないかも。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。