傷の湿潤療法貫く信念 練馬光が丘病院・夏井睦さん (1/2ページ)

★練馬光が丘病院傷の治療センター長・夏井睦さん(57)

2014.12.05


夏井睦医師【拡大】

 すり傷やヤケドを負ったとき、多くの人は消毒をしてガーゼで傷口を覆うのが本来の医療処置だと考える。しかし、これを否定し、「湿潤療法」という治療法で、痛みを小さく、回復を早める取り組みを実践する医師がいる。

 練馬光が丘病院「傷の治療センター」のセンター長を務める夏井睦医師は、この湿潤療法の第一人者として知られる形成外科医だ。

 湿潤療法とは消毒はせずに水洗い、ガーゼは使わず非固着性のメッシュシートで傷口を覆い、創口を乾燥させずに、細胞成長因子の働きを活性化することで、きれいに、しかも短期間での回復を狙う方法だ。

 医療界でも賛否両論ある治療法だが、夏井医師の姿勢は揺るがない。

 「勉強ができたから医学部に進んだ」と堂々と語る。パソコンの知識も独学で身に付けた。1996年にはソフトもない中で自身のサイトを立ち上げている。興味を持ったことは徹底的に学び、その結果「正しい」と判断すれば、孤軍奮闘でも信念を貫き通す。

 最近は「糖質制限ダイエット」の分野で夏井医師の存在感は増している。米やパンなど糖質の摂取を制限することで血糖値の上昇を防ぎ、短期間で効果的な減量をめざす人気のダイエット法だ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。