内臓脂肪「安全に」減らそう 会議中にできる筋トレ (1/2ページ)

2015.02.27


板倉弘重(著)『なるだけラクして内臓脂肪を減らす〜最新の研究に基づくすぐできる55の方法』(角川oneテーマ21、800円+税)【拡大】

 ラクして内臓脂肪を減らすことができたら…。小紙読者共通の思いだろう。ジョギングを始めようにも、メタボが突然走り出したら、それはそれで危険が伴う。「安全第一」をスローガンに掲げる世のお父さんたちにオススメの「ラクをして内臓脂肪を減らす」55のテクニックを伝授する。

 ふくよかなおなか周りを細くしたくても、キツい運動は無理。健康診断の値は気になるけれど、飲みに行く回数は減らせない…。

 そんな矛盾に折り合いをつけるには、小さな日常習慣を、ちょっとだけ見直すことから始めるのが一番だ。

 男性は85センチ以上、女性だと90センチ以上の腹囲の持ち主を、医学的には「メタボリック症候群」と呼ぶ。2006年には流行語大賞を獲得したこの言葉。訳すと「内臓脂肪症候群」。あらためて見ると、じつに不気味なネーミングだ。

 メタボを放置すれば動脈硬化を招き、その先には心筋梗塞や脳梗塞など「命に関わる重大疾患」が待っている。昔なら「貫禄」という表現で称賛されることさえあった豊満なおなかも、今では完全に世間の嫌われ者。

 そんな、メタボ世代のお父さんたちに救いの手を差し伸べる1冊を紹介する。

 『なるだけラクして内臓脂肪を減らす』(板倉弘重著、角川оneテーマ21)がそれだ。ストイックな取り組みをすることなく、スリムで病気になりにくい体に改善していくためのテクニックを55通り、テーマ別に紹介している。

 食習慣や食材など“食事”がテーマの章で著者は「食べる順序はまず野菜から」と述べる。食物繊維の多い野菜を先に食べることで、糖の吸収を抑えるのが目的だ。

 飲み会で内臓脂肪を増やさないおつまみには、「タウリン」を含むイカやタコ、貝やマグロがオススメだ。酒の席でのサラリーマンの思考を熟知した著者による詳細なアドバイスは、特に実用的で役に立つ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。