ダイエット中の間食には「アーモンドフィッシュ」 高い栄養&満足度 (2/2ページ)

2016.06.02

「おつまみアーモンドフィッシュ」
「おつまみアーモンドフィッシュ」【拡大】

 また、アーモンドは良質な脂質と強力な抗酸化ビタミンであるビタミンEを豊富に含みます。カロリーを気にされる方もいますが、アーモンドは、20粒(20グラム)で120キロカロリーほど。菓子やジュースと比べれば、しっかり食べても低カロリーといえます。

 間食では、胃を満たすだけのおやつを食べるのではなく、食事で不足する栄養素を摂ってもらいたいというのが、私の考え。ですから、アーモンドと煮干しは、理にかなった組み合わせなのです。

 食感も大切です。スナック菓子は、油断していると、1袋ぺろりと食べてしまいますが、アーモンドフィッシュ30グラム分は、そうもいきません。アーモンドや煮干しの味わいを楽しむには、よく噛みしめないといけないのです。そのため、パクパク食べ、あっと言う間になくなってしまうことはありません。ちびちびと口に運べるので、空腹時には、少量でもかなりの満足度があります。

 時には、ランチのかわりにアーモンドフィッシュと炭酸水を摂取して食べ過ぎが習慣化した胃をリセットすることもあります。明日からのデスクのおやつは、これで決まりましたね。

 ■浅野まみこ(あさの・まみこ) 1975年生まれ。管理栄養士。食と健康のコンサルティング会社「エビータ」代表取締役。1万8000件以上の栄養相談の経験を元に「『コンビニ食・外食』で健康になる方法」(草思社)を著し、企業のコンサルティング、テレビ出演、講演活動を行う。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。