“いい歯医者さん”で認知症を早期発見 歯と脳の深い関係 (2/2ページ)

2016.07.15

『週刊朝日MOOK いい歯医者2016 歯科治療ではじめる??長生き健康?$カ活』(朝日新聞出版 815円+税)
『週刊朝日MOOK いい歯医者2016 歯科治療ではじめる??長生き健康?$カ活』(朝日新聞出版 815円+税)【拡大】

 前出のMCIは変化に乏しいため、早期で見つけることが非常に難しい。特に毎日一緒に暮らしている家族が、その微妙な変化に気付くのは困難とされるのだが、定期検診で歯科医院を受診していると、腕のある歯科医師なら気付くことがあるというのだ。

 そこで、近年では歯科医院でMCIや認知症のスクリーニング検査を行い、認知機能の低下が認められたときには認知症の専門医に紹介するという仕組みづくりが進んでいる。

 超高齢化が進む中、認知症対策において、歯科が関わるウエートが高まることが予想されるだけに、今のうちに「いい歯医者」を見つけておく必要があるのだ。本書の編集を担当した朝日新聞出版医療健康編集部の酒井寛史氏はこう語る。

 「歯科医院は歯に痛みや不具合が出てから行く、という場所ではなくなってきています。これからは全身の健康のためにも、自分に合った“いい歯医者さん”が重要。本書収載の『全国専門医歯科医院リスト』が役立ちます」

 他にも、「一生ものの歯は“予防歯科”で手に入れる」「最高の歯科医院を見つける7つのポイント」(別掲)、「自費診療と保険診療 徹底解説」「治療費の謎を解く!」「解説とQ&Aでよくわかる! 歯のトラブル完全ガイド」など、歯の健康に役立つ企画が盛りだくさん。

 歯の健康なくして健康長寿はあり得ないことが、読み終わる頃にはよーく理解できますよ。 (竹中秀二)

 ■「最高の歯医者を見つける7つのポイント」
 ・疑問があれば積極的に質問して確かめる
 ・派手な外観やキレイな宣伝に惑わされない
 ・患者側が協力し手分けして3人の歯科医師と会い、情報を共有化できれば、歯科医選びで失敗するリスクはかなり下げられる
 ・クチコミ情報はアテになるが、ネットのクチコミサイトはアテにしない
 ・保険診療のはずが、途中から自由診療を勧める歯科医は要警戒
 ・複数の治療法を提案し、メリットとデメリットを説明してくれる歯科医師は良医
 ・良医に巡り会えたら、定期検診にきちんと通い、信頼関係を深める努力を

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。