鼻ヨガ「ほお骨プッシュ」で鼻トラブル8割が改善!慢性副鼻腔炎にも効果 (1/2ページ)

2017.03.24

『夢21』4月号(わかさ出版)
『夢21』4月号(わかさ出版)【拡大】

  • <p>ほお骨プッシュ</p>
  • <p>ほお骨プッシュ</p>

 「鼻から、こんなに気持ちよく息が吸えるとは思ってもみなかった」「試してすぐにドロっとした鼻水が流れ出た」「においがよくわかるようになった」「頭痛や頭重感が消えて仕事の集中力が上がった」……。

 発売中の『夢21』4月号(わかさ出版)は、このように「慢性副鼻腔炎(ふくびくうえん)の症状が和らいだ」と評判の高い自力対策を多数掲載しています。

 慢性副鼻腔炎は、鼻腔(鼻の内側)と隣接する骨の中の空洞(副鼻腔)に炎症が起こり、ドロドロした鼻水や膿がたまったり、発熱や頭痛、歯痛などが現れたりする病気です。「蓄膿(ちくのう)症」と呼んだほうがピンとくる人が多いかもしれませんが、今は慢性副鼻腔炎と呼ぶのが一般的です。

 「最近、ドロドロの青っ鼻をたらした子供を見かけなくなった」といわれますが、耳鼻科の先生の話によれば、これは、医療が進歩して、よく効く抗生物質が使われるようになったうえ、昔に比べて子供の治療機会も増えたからだそうです。

 その一方で、増えているのが、好酸球(こうさんきゅう)性副鼻腔炎など治りにくいタイプです。特集では、そうした難治型も含めた慢性副鼻腔炎に対して、最新の治療法はもちろん、ヨガや食養生も含めた幅広い分野から、病気の改善法を紹介しています。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。