記事詳細

全国の漁師飯や磯料理が集結! 「さかな祭り」16日開幕

 日本各地の魚介料理を堪能できる大規模な食のイベント、第3回「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2017~全国魚市場&魚河岸まつり」が16日から19日まで、東京都千代田区の日比谷公園で開催される。

 今年は北は北海道、南は沖縄まで、全国各地から約80店が出店。注目のメニューの1つが、「海のフォアグラ」と称されるアンコウの肝をぜいたくに使った「マルショウ」(宮城県加美町)の「あんこう肝鍋」(税込み800円)だ。昨年もトップクラスの人気を誇り、濃厚な味わいにリピーターが続出した。具材は地元産にこだわり、長ネギは同メニュー専用に生産されたものを使用。味付けには県産大豆から作った特注の麹みそを使い、あん肝の奥深いうま味と野菜の甘味を一緒に楽しめる。同社は「この季節にしか食べられない、あん肝盛りだくさんの絶品鍋料理。ぜひ味わってほしい」と話している。

 開催時間は16、17日が午前11時~午後9時、18日が午前10時~午後9時、19日が午前10時~午後6時まで。詳細はhttp://jffes.com/

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう