記事詳細

山下洋輔、故・相倉久人氏に捧げるコンサート「ぶち飛んだ面白いものになる」 17日開催

 あさって17日、いよいよ夕刊フジ主催のコンサート、「山下洋輔トーク&ライブ2018 memory of~相倉久人に捧ぐ」が、東京・日経ホール(千代田区大手町1の3の7)で行われます。午後4時開演。

 3年前のトーク&ライブで共演した音楽評論家の故・相倉久人氏に捧げるコンサートは2部構成で、第1部は山下と、建築家の藤森照信氏、ミュージシャンの菊地成孔によるトーク。第2部ライブは山下洋輔(pf)、堀越彰(ds)、菊地成孔(ts)のトリオが3年ぶりに復活します。

 「僕のフリーの出発点は『自分の好きなことをやればいいんです』と教えてくれた相倉さん。藤森先生は山下家のルーツをたどった拙著『ドバラダ門』の生みの親だ。藤森先生に菊地成孔がどうカラむかが楽しみだし、堀越彰を加えたトリオもあり、相倉さんに捧げて恥じない、ぶち飛んだ面白いものになると確信している」と山下。

 終演後に物販購入者を対象にしたサイン会も行います。前売り券(7000円)は各プレイガイドで好評発売中。会場での当日券(7500円)もご用意しています。

 【問い合わせ】ディスクガレージ

 (電)050・5533・0888、平日正午~午後7時

zakzakの最新情報を受け取ろう