記事詳細

【寺門夏織 エキサイティング・モード】地元・福島勢が大活躍! 仕上がった金沢選手が完全Vへ!

 いわき平最終日、いよいよ決勝!

 2日目のチャレンジ準決勝では、私が注目選手にあげた地元の新人・宇佐見優介選手が自力で1着を取り、初めての決勝(9R)進出を果たしました!

 そして、A級決勝(10R)には、金沢幸司選手が2連勝で勝ち上がってきました!

 初日の予選は、先行した選手の番手から有利に抜け出しての1着。「今回は自力で動く競走をしなければならないと覚悟してきましたが、目標選手がいたので気持ちが楽になりました」と、気負い過ぎずにレースに集中できたようです。

 2日目の準決勝は、前の選手との連携が崩れましたが、冷静に5番手に下げ、そこから自力に転じてまくっての1着。マークした大島将人選手と地元両者で1、2着を独占しました。

 近況は、北日本の若手機動型の活躍で前を任せる競走も増えてきましたが、自力は健在です。

 「腰に不安があるので調子は朝に起きてみてからでないと分からないが、自転車の状態はものすごくいいです。山崎芳仁さん(福島88期)に調整を見てもらって完璧に仕上がったので」と、連勝の要因を教えてくれました。

 決勝でも大島選手と再び、地元ワン・ツーフィニッシュを飾ることができるでしょうか。地元で完全優勝を狙う金沢選手が特選シード選手たちを相手に、自力でどのように挑んでいくのか、注目です!

 A級・チャレンジともに地元選手の活躍に期待しましょう!(フリーアナウンサー)

■寺門夏織(てらかど・かおり)7月14日生まれ。岡山県出身。フリーアナウンサー。2001年から6年間、「SPEEDチャンネル」専属キャスターを務め、現在はフリーで活躍中。レギュラーは、いわき平・松戸・宇都宮競輪CS中継司会。これまで担当した競輪中継はGIも含め700本以上。食べることが大好きで料理講師のライセンスも持つ。楽天的な性格。趣味は海外旅行。