記事詳細

【PNN】ライトミドル、デジハネどちらも継続率約80%! ドデカいヤツが“突破型”で登場 「ガオガオキング3」

★「ガオガオキング3」(銀座)

 恐竜をモチーフにしたドラム機のシリーズ最新作「ガオガオキング3」(銀座)が登場する。ドラム機ながら多彩な仕掛けを備えているのが特徴だ。メインの演出部分はおなじみのドデカT-REX図柄に加えて、導光板の「7VISION」を搭載。さらに、4thリールの「WILDリール」に表示される図柄によって、さまざまな演出が行われる。ゲーム性はいわゆる「突破型」で、初当たり後の時短中に再度大当たりを引けばRUSH突入だ。週明けの21日(月)から設置開始。

 アナ ラグビーの盛り上がりがすごいですね。私もすっかりハマってしまいました。

 解説委員 今年の流行語大賞は「ノーサイド」か「スマイルシンデレラ」か、どちらかだな。ラグビーにしてもゴルフにしても、今まで興味がなかった人を魅了しているのはすごいことだ。

 アナ いきなりなんの分析ですか。

 解説委員 パチンコ界にとって何かヒントになることはないかな、と思ってね。

 アナ ラグビー日本代表としぶこ、両者に共通するのは「強い」ことですよね。

 解説委員 パチンコでも強いヤツが出てくるぞ。T-REX、別名ティラノサウルス。最強と言われている恐竜がホールに襲来する。

 アナ 「ガオガオキング3」ですね。今作でもT-REXのドデカ図柄は健在です。

 解説委員 ドデカ図柄が現れれば激アツだ。今作ではさらにドラム上部の「GAO」のロゴ部分にもT-REXが現れることがある。これもアツいから、T-REXの出現はいつでも期待できると思っていい。

 アナ ドラム機ですが進化しているんですね。

 解説委員 メインのドラム部分は迫力あるブラックリールになったし、その上の「7VISION」に7図柄が浮かび上がり、さまざまなリーチが行われる。4thリールの「WILDリール」は止まる図柄に意味があって、図柄に対応した演出に発展する仕組みだ。他にも細かい仕掛けがたくさんあって、過去2作を打ったことがある人は驚くんじゃないかな。

 アナ スペックも過去2作の100%ST機から「時短突破型」に変わっていますね。

 解説委員 突破型は最近のパチンコの流行で、突破した先に大きな出玉を期待できるスペックだ。この機種でも「HYPER G-RUSH」に突入すれば約80%と高い継続率が待っている。

 アナ 演出もゲーム性もわかりやすくて、パチンコ初心者でも打ちやすいマシンですよね。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴 通常時からの大当たりの場合、ライトミドルは20%、甘デジは1%しかHYPER G-RUSH(確変)に直行しないので、RUSHへのメインルートは「初当たり→時短→時短中に大当たり→RUSH突入」となる。RUSH100回転の中身はライトミドルがST100回、甘デジがST30回+時短70回と異なるが、どちらも継続率は約80%と高い。

関連ニュース