記事詳細

【真打 立川志らべ 口先先行一車】久留米最終日11R 嵯峨よりも川村の番手まくり 28日のガールズグランプは児玉碧衣⇔小林優香 (2/2ページ)

 ガールズグランプリは児玉碧衣⇔小林優香の久留米両者から石井貴子と奥井迪、梅川風子の東京勢に流しますかね。

 で、久留米のS級決勝(11R)は嵯峨のパワーよりも川村の番手まくりを本命視で〔5〕⇔〔1〕-〔2〕〔3〕〔7〕。

 久留米ナイター最終日のプラス分は全て28日のガールズグランプリに注ぎ込むぜ!(児玉なみの強気)

◇ガールズグランプリ

〔1〕梅川風子(東京112期)

〔2〕小林優香(福岡106期)

〔3〕児玉碧衣(福岡108期)

〔4〕石井寛子(東京104期)

〔5〕石井貴子(千葉106期)

〔6〕佐藤水菜(神奈川114期)

〔7〕奥井迪 (東京106期)

 ■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。