記事詳細

GP覇者の佐藤慎太郎ら出場 和歌山競輪場、開設70周年記念GIII『和歌山グランプリ』10~13日開催

 和歌山競輪場(和歌山県和歌山市)で10~13日まで開催される、開設70周年記念GIII『和歌山グランプリ』PRのため、中継番組のキャスターを務める、フリーアナウンサーの山口みのりさんと関係者が8日、東京・大手町の編集局を訪れた。

 昨年暮れのKEIRINグランプリを制した、佐藤慎太郎を筆頭に松浦悠士、村上博幸とS級S班から3人が参戦。地元からは前々回大会優勝の東口善朋や椎木尾拓哉、稲毛健太、南潤らが出場し大会を盛り上げる。

 山口さんは「佐藤慎太郎選手にも注目していますが、やはり地元勢に頑張ってほしいですね。また、来場できない方々も今回の中継は趣向を凝らした演出があるので、テレビで楽しんでほしいです」と語った。

 開催を記念して、オリジナルクオカードを10人に抽選でプレゼント。希望者ははがきに、〒住所、氏名、年齢、電話番号、紙面の感想を明記の上、〒100-8160 夕刊フジ広告部「和歌山競輪プレゼントZ」係まで。17日の消印まで有効。当選者の発表は発送をもってかえます。