記事詳細

清水裕友がGI初制覇! 競輪GI『第35回全日本選抜』

 競輪のGI『第35回全日本選抜』(優勝賞金3040万円・副賞含む)は11日、愛知県の豊橋競輪場で決勝が行われ、清水裕友(25)=山口・105期=が1着となりGI初制覇。年末の「KEIRINグランプリ2020」(12月30日・平塚)の出場権を獲得した。2着に後方から追い込んだ平原康多(埼玉)。3着に山田英明(佐賀)が入った。

 レースは勝負どころで三谷竜生-村上博幸の近畿勢が仕掛けると、満を持して松浦悠士が先行。清水はしっかりとマークして3番手以下が三谷-村上-山田-平原-佐藤慎太郎-郡司浩平-和田健太郎の一本棒に。最終3コーナーでまくって出た清水が、早めに踏んで迫る山田と後方から猛追した平原を振り切って優勝した。先行した松浦はゴール前で接触して落車し9着となった。

 清水裕友(前で引っ張った)松浦さんの頑張りを無駄にしないように走った。勝ててとてもうれしいが、いざタイトルを取ってみたら実感がない。今はポカンとしている。GIを中国地区で(松浦が優勝した昨年の競輪祭に続き)、2戦続けて優勝できたのは大きい。