記事詳細

福井競輪場GII『第4回ウィナーズカップ』松浦悠士がV!

 競輪のGII『第4回ウィナーズカップ』(賞金2180万円・副賞含む)は29日、福井県の福井競輪場で決勝が行われ、松浦悠士(29)=広島・98期=が清水裕友(山口・105期)の番手からまくり上げて優勝。昨年11月の競輪祭(GI)以来、2度目のビッグレース制覇となった。2着に守沢太志(秋田・96期)、3着に昨年7月デビューの115期で大会初出場の高橋晋也(福島・115期)が入った。

 また、第9Rで行われた「ガールズケイリンコレクション2020福井ステージ」は、児玉碧衣(24)=福岡・108期=がまくりで圧勝。2着に石井貴子(千葉・106期)、3着に尾崎睦(神奈川・108期)が入った。

 なお、同大会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客開催で行われ、車券発売は電話・インターネット投票でのみ行われた。

    ◇

 松浦悠士「きつかったけど、何とか押し切れた。高橋君が前に出て、その後ろが取れたのでこれはいくなと。清水君が先行してくれて、高橋君がみえたときに前に踏んで、柏野(智典)さんも横に動いてくれた。ラインのおかげです。残りのGIでタイトルを狙っていきたい。清水君と僕とのコンビでビッグの連覇ができた。これからもなるべく多くの中四国でグランプリに行けるようにしたい」