記事詳細

ボートレース津プレミアムGI『第21回マスターズチャンピオン』村田修次が逃げ切りV 46歳9カ月は史上最年少優勝

 ベテランレーサーの頂上決戦、プレミアムGI『第21回マスターズチャンピオン』(優勝賞金1100万円)は26日、三重県津市のボートレース津で優勝戦が行われ、村田修次(46)=東京=がインから逃げ切って圧勝。2007年9月の多摩川53周年以来、12年7カ月ぶり2度目のGI制覇を飾るとともに、来年3月に福岡で行われるSGクラシックの優先出場権を獲得した。46歳9カ月での優勝は史上最年少記録。2着は松井繁(大阪)、3着には前本泰和(広島)が入った。

 なお、同大会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客開催で行われ、舟券は電話・インターネット投票の「テレボート」で発売された。

    ◇

 村田修次「スタートが分かりやすい起こし位置になったし、回り足がいいので先に回れば勝てると思っていた。指導する立場になって、教わる側の気持ちも師匠の山口雅司さんの気持ちも分かるようになってきた。今が一番充実している気がする。新型コロナの影響で大変な人もいる状況で、レースができるのは感謝しかない。これからも常に向上心を持ってやっていくだけ」