記事詳細

GWはオンラインで全国へ! バーチャル旅行を楽しめる「ジャグラーアイランド」でペカらせよう (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛が求められる今年のゴールデンウイーク。暇を持て余した人にピッタリのアプリが「ジャグラーアイランド」だ。「GOGO!ランプ」が光ればボーナス(大当たり)というシンプルかつ病みつきになるゲーム性のジャグラーシリーズをプレーしながら、同時に全国を“バーチャル旅行”できる。基本は無料でプレー可能。全国のホールで存分にペカらせ(光らせ)よう。

 「ジャグラーアイランド」には、その名の通り、「ジャグラー」と「アイランド」と、大きく分けて2つの楽しみがある。「ジャグラー」は完全に再現されたジャグラーシリーズを打てること、「アイランド」は日本列島を旅するスゴロク的な楽しみだ。

 ジャグラーシリーズはパチスロファンには説明不要のモンスターシリーズで、1996年の初代ジャグラー登場以降、数十にもおよぶシリーズ機がリリースされ、軒並み大ヒットしてきた。ゲーム性は「完全告知タイプ」と呼ばれるタイプで、リール周辺にある小さな「GOGO!」ランプが光ればボーナス確定となる。

 このランプが光ることは一般的に「ペカる」と表現され、「そろそろペカりそうなんだよなあ」「よし、ペカった!」などと使われる。近年の機種ではペカリ方も増えているため、ただ単にペカるのを待つだけではなく、いろいろなペカり方を見るのも楽しみの1つだ。

 ジャグラーアイランドでは、そんなジャグラーシリーズ各機種を打てるが、設定アップ、オートプレー、ボーナス確率アップなどのさまざまなアイテムを使うことで、実際のホールとは違った楽しみ方をできるのも特徴だ。

関連ニュース