記事詳細

【当てちゃる券】責める気になれい動画 武雄ナイター最終日12R 中本と大塚の直線勝負〔9〕⇔〔1〕-〔2〕〔3〕〔5〕

 オレはスポーツ選手のYouTubeをよく見ている。なかでもボクシングの元世界チャンピオンや元プロ野球選手のチャンネルは有名なゲストを呼んでの裏話や本音トークが聞けて面白い。

 競輪界も多くの選手が発信している。小倉の後輩の木谷凉(78期)も精力的に動画をアップしている1人。

 初めて見た彼の動画は開催中の検車場での自転車整備。

 「開催中の検車場を撮影してもいいのか」と、それが正直な感想だったが、よく考えるとカメラやビデオは通信機器じゃなかった。彼はいろんな動画を精力的に発信していたが先月、今までアップされていた動画が突然削除されていた。

 気になったオレはきっかけとなったとされる動画を見てみた。

 宿舎の中での生活のほかに、連携する先行選手との作戦会議の映像があった。カメラの前でする話じゃないだろう。

 仮にあちこちで選手がそれをやりだしたら、大きな問題になってしまう。

 寅さんに言わせたら「それを大っぴらにしたら~おしまいよ」だ。

 ただ、勇み足だとしても、競輪を世の中に発信してきた後輩をオレは責める気になれなくなっていた。彼が5月29日にアップした動画を紹介しよう。

 それは木谷がこの3カ月で得た広告収入11万6274円を母子家庭を支援している団体に寄付している映像だ。自分も母子家庭で育ったと言った彼には実はそんな目的があったとは。その瞬間、胸につかえていたものがスーッと取れた。

 武雄ナイター最終日S級決勝(12R)は特進で昇級してきた伊藤颯が乗ってきた。マークする中本-大塚を思い切り引っ張る。徳島ラインは2段駆けで抵抗する。鷲田はモガキ合いを待ってのまくり狙いか。

 伊藤颯の逃げに乗り、中本と大塚の直線勝負〔9〕⇔〔1〕-〔2〕〔3〕〔5〕。

(元競輪選手)

■内田浩司(うちだ・こうじ) 1962年8月26日生まれ。福岡県出身。83年4月に51期生としてデビューし、S級上位で活躍。2015年10月29日に引退。通算435勝、優勝34回(記念Vは92年門司記念など6回)。FI先行・吉岡稔真(としまさ=福岡県65期)元選手の兄弟子で連携は多数。実直な性格と厳しい指導から“鬼軍曹”として恐れられていた。夕刊フジ競輪面にコラム『当てちゃる券』を連載中。競輪祭では特別コラム『小倉競輪祭 なう&リメンバー』を執筆。