記事詳細

【立川らく人 自力で頑張る】脇本頭固定総流しプラス説 青森ナイター初日11R 天田がまくる〔1〕⇔〔3〕-〔2〕〔7〕〔9〕

 巷で、まことしやかにささやかれる噂“脇本頭固定で総流しにすればプラスになる説”を皆さまご存じでしょうか!?。

 脇本雄太が出走するレースで何も考えずに、何の予想も立てることもなく、とにかく「脇本-全-全」の3連単56点を買う、ただそれだけでもうかるというのだ。

 やろうやろうと思っていた脇本総流しのチャンスがやってきたのは、先日のGI高松宮記念杯競輪。

 初日からやってみようと思っていましたが、いや待てよ、脇本は今年初出走でレース勘が鈍っている可能性がある、それにゴールデンコンビ、清水裕友-松浦悠士は成長著しい。もちろん頭固定の総流しは脇本が勝つことが絶対条件なので、悩んだ末に初日は止めておくことにしました。

 結果は脇本1着で3万車券、買っておけばよかったと思いつつ切り替えて2日目。

 2日続けてそうそう総流しが成功してプラスになることは、流石にないだろうと止めておいたら、結果は脇本1着でまた万車券。やっぱり買っておけばよかったとまたも後悔。

 3日目準決勝、構成を見ると脇本1着は堅い、けれど逆に堅過ぎる。そう、脇本総流しは56点賭けをするため、3連単で5600円以上配当がないとトリガミ、損をしてしまう。つまり2着3着には穴がきてほしいところ、その可能性が薄い準決勝はステイだ! 

 すると思った通りの近畿ライン決着で3連単840円。危ない危ない。当たって大損するところだった。

 そして最終日、決勝。ここはもう、脇本総流しをするしかありません! するとレースは脇本の逃げ切りが決まり1着。

 「やった、来た!」

 ただ問題はここから、2着は誰なのか。2着が新田祐大、平原康多、松浦ではなく和田健太郎だと分かった瞬間、「来た来たこれは完全にもらった。プラスだ」と確信!

 オッズを確認すると3連単4740円、ガミった。3着が松浦で、2着3着がラインで来たのであまりつかなかったのでしょう。

 鳥取出身の私としては中国地区の松浦を応援しているが、ここでは3着に入ってほしくなかった。でもやっぱり松浦のまくりはすごかった。

 結果的に私は少し損をしましたが、何も考えず4日間総流しをしていればプラスになっていたので、検証結果としては「脇本頭固定総流しはプラスになる」説は本当だったということでしょう。

 ただ私も脇本頭固定総流しで、こうやってコラムが1本書けたので原稿料も加えると収支は、ややプラスに。ということはやっぱり、脇本頭固定総流しはプラスになる!

 といったところで、青森ナイター初日S級特選(11R)の予想。

 宮杯では当てられなかった万車券を狙いたいと思います。野口と金子の先行争いがもつれたところを天田がまくり切る〔1〕⇔〔3〕-〔2〕〔7〕〔9〕で勝負します!

 次回の脇本頭固定総流しのチャンスは来月のサマーナイトフェスティバル(GII)です。皆さまもお試しあれ!(落語立川流二ツ目)

■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。