記事詳細

【山口みのり みのりぽーと】お客さんの入場再開 松戸ナイター初日8R S級初優勝・真杉選手に注目「まずは決勝へ」

 皆さま、お待たせ致しました!

 松戸競輪場ではお客さまを入れてのレースが再開されます。新型コロナウイルス感染防止対策として、入場制限を設け、入場の際には検温を実施、マスクの着用、また密を避けてのご観戦などご協力お願い致します。

 今回の注目選手は、2場所前に地元の宇都宮でS級初優勝を飾った真杉匠選手(栃木・113期=写真)です!

 初優勝おめでとうございますと言うと「素直にうれしかったです。後ろで走ってくれた先輩の神山拓弥さんのおかげです。神山さんには“地元で俺を優勝させてくれる後輩だと思ったら、想像以上に強かったよ”と言ってもらえました」と話してくれました。

 また決勝で対戦した、今回も参加している山中秀将選手(千葉・95期)=9R=も「真杉君が強かったですね。単純に脚力で負けました」とコメントが。今シリーズでの再戦もあるんでしょうか。

 真杉選手は、今月から始まった7車立てのレースが得意なようで「自信を持って走れています。先行して逃げ切れてもいるし、もし引いたとしても2車いないので巻き返しもしやすい。仕掛けのタイミングはそこまで変わりはないけど、粘れているので自信になります」ということです。

 松戸はチャレンジA級時代に3回走って全て決勝に進んでいます。先行有利といわれる松戸バンクで力強い走りが見たいですね。

 「今期の目標はS級1班の点数を取ること。ここまで良い感じなので、松戸でもまずは決勝へ。そして優勝を目指して頑張ります」

 真杉選手、初日は8レースに登場します!(フリーアナウンサー)

 ■山口みのり(やまぐち・みのり)1986年9月28日生まれ。三重県出身。ナレーター、MC、キャスター、声優などをマルチにこなす。2012年から松戸競輪を中心に、「SPEEDチャンネル」でMCやリポーターなどを担当。また11年に「世界遺産検定1級」を取得、世界遺産アカデミー認定講師という一面もある。