記事詳細

【らく人の兄弟子 立川志らべの与太郎よそう】平塚ナイター2日目9R 気合い十分の出沢から〔4〕⇔〔1〕-〔2〕〔3〕

 立川志らべ、初めての登場となった昨日の『与太郎よそう』ですが、実に見事な的中でしたなぁ。ただね、小島歩が1着まで突き抜けてくれれば、さらなる好配当が望めただけに、そこはちょっと残念…。ま、隣の欄の弟弟子より上手いところは見せられたでしょう。はっはっはっは~。

 平塚ナイター2日目も最終9Rで好配当狙い。もちろん、渡辺が大本命。ただ、ここのところ気になっているのが地元の出沢なのです。2場所連続で決勝へ進んでいる結果もそうですし、気合が入っているように感じるのですよ。落語家はこういう洞察力も大事。何かしらやってくれるんじゃないかなぁ?

 逃げるのは渡辺。坂木田はまくりでしょうが、近況では出沢の位置取りの方が上手でしょう。“上手”、というよりも、意地で中団を奪いにいく感じかな。いや、渡辺の番手を奪って追い込む〔4〕⇔〔1〕-〔2〕〔3〕で勝負!(落語立川流真打)

■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。