記事詳細

遊タイム搭載機が続々登場…この夏の“アツい”ヤツらを狙い撃ち!

 ■ぱちんこ新・必殺仕置人TURBO(京楽)

 人気機種が遊タイム搭載の甘デジスペックで登場。大当たり確率は約1/99.9で、遊タイム突入条件は低確率280回転消化なので、約3倍ハマリで遊タイム突入となる。遊タイムは時短379回転で、この間に大当たりを引ける確率は約98%。遊タイム中に大当たりを引くと消化後に継続率約80%の連チャンモード「真仕置CRASH TURBO」に突入する。

 ■P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵(JFJ)

 大当たり確率1/256、確変割合55%のオーソドックスな確変タイプ。遊タイム突入条件は通常時760回転消化で、恩恵は971回転の時短。遊タイム中に大当たりを引ける確率は約98%。また、遊タイム同様の新解釈基準による新時短の1つ「時短回数の上限なし」も取り入れていて、通常大当たり後の時短が100回転、200回転、300回転の3種類ある。

 ■P交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZERO(Sammy)

 大当たり確率約1/199.8のライトミドルスペック。通常時の大当たり後&遊タイム突入時の時短100回転中に大当たりを引くと以後はST150回転の「SEVEN SLASH EXTRA」に突入する。遊タイムで大当たりを引ける確率は約39%だが、右打ち中は大当たりの60%が10ラウンドで出玉は約1500個あり、元々の出玉性能が高めなスペックだ。